機動隊34人が斧でドアを…“時短無視”キャバクラ突入の背景

公開日: 更新日:

 ついに警視庁が「実力行使」に出た。時間外営業を隠すためドアにカギをかけ、警察の立ち入り調査を妨害したとして、警視庁保安課は1日、東京・新宿区歌舞伎町のキャバクラ店「花音」の店長、渡部圭介(36)、従業員の新井義弘(30)両容疑者ら男6人を風営法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 1日午前1時30分ごろ、営業時間を守っているかどうか確認するため、警察官が店を訪れた。店のドアは施錠され、従業員が警察の立ち入りを拒否したため、同行していた警視庁の機動隊員34人が斧などを使ってドアを破壊。ようやく観念したのか、新井容疑者らはカギを開け、店内から出てきた。

「花音」は2019年12月のオープン以来、風営法で定められた午前1時までの営業時間を守らず、連日、午後9時から午前5時まで営業していた。

新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言が出ても営業自粛要請を無視し続け、通常営業していた。一向に改善の余地が見られなかったことから、新宿署は昨年5月と11月の2回、行政処分を行ったが、店側は応じる気配を見せなかった。今年1月中旬、店内から話し声が聞こえたため、事情を聴こうとしたところ、カギをかけられ、捜査に応じなかったことから、今回はドアを破壊できるよう斧やエンジンカッターを用意し、機動隊員を同行させたのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る