今季3Vの横峯さくら 原動力はあの“トラブルメーカー”封じ

公開日: 更新日:

<マスターズGCレディース 兵庫・マスターズGC=6445ヤード・パー72>

 今季3勝目を挙げた横峯さくら(27)が2度目の賞金女王タイトルに近づいた。

 今大会は2日目が悪天候で中止になり、54ホールに短縮された。そのため優勝の賞金加算額は75%の1890万円。それでも獲得賞金は1億円を突破(ランク2位)し、トップの森田理香子(23)との差は380万円。6月のサントリーレディス終了時点では森田との差が4338万円もあっただけに、残り5試合で十分に逆転できる位置まで迫った。

「380万円ぐらいだったら(タイトルに)届かないところではないと思います。ただ、今日終わった時点で近づけただけであって、もうちょっと(タイトルを)考える時間が必要かなと思う。だから、今はピンときていないです。1回目の賞金女王は実力以上に勢いもあったと思う。(もう1回取れば)本物だと思う」(横峯)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る