今季3Vの横峯さくら 原動力はあの“トラブルメーカー”封じ

公開日: 更新日:

<マスターズGCレディース 兵庫・マスターズGC=6445ヤード・パー72>

 今季3勝目を挙げた横峯さくら(27)が2度目の賞金女王タイトルに近づいた。

 今大会は2日目が悪天候で中止になり、54ホールに短縮された。そのため優勝の賞金加算額は75%の1890万円。それでも獲得賞金は1億円を突破(ランク2位)し、トップの森田理香子(23)との差は380万円。6月のサントリーレディス終了時点では森田との差が4338万円もあっただけに、残り5試合で十分に逆転できる位置まで迫った。

「380万円ぐらいだったら(タイトルに)届かないところではないと思います。ただ、今日終わった時点で近づけただけであって、もうちょっと(タイトルを)考える時間が必要かなと思う。だから、今はピンときていないです。1回目の賞金女王は実力以上に勢いもあったと思う。(もう1回取れば)本物だと思う」(横峯)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る