今季3Vの横峯さくら 原動力はあの“トラブルメーカー”封じ

公開日:  更新日:

<マスターズGCレディース 兵庫・マスターズGC=6445ヤード・パー72>

 今季3勝目を挙げた横峯さくら(27)が2度目の賞金女王タイトルに近づいた。

 今大会は2日目が悪天候で中止になり、54ホールに短縮された。そのため優勝の賞金加算額は75%の1890万円。それでも獲得賞金は1億円を突破(ランク2位)し、トップの森田理香子(23)との差は380万円。6月のサントリーレディス終了時点では森田との差が4338万円もあっただけに、残り5試合で十分に逆転できる位置まで迫った。

「380万円ぐらいだったら(タイトルに)届かないところではないと思います。ただ、今日終わった時点で近づけただけであって、もうちょっと(タイトルを)考える時間が必要かなと思う。だから、今はピンときていないです。1回目の賞金女王は実力以上に勢いもあったと思う。(もう1回取れば)本物だと思う」(横峯)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る