公務員ランナー川内宣戦布告 藤原のクビも賭けた福岡国際

公開日: 更新日:

 面白いことになるかもしれない。

 12月1日号砲の福岡国際マラソンに出場する川内優輝は、目標タイムを2時間7分30秒に設定。「今後も日本代表を狙うかどうか、競技人生の分岐点になる」と述べた。

 川内のマラソン自己ベストは今年3月にソウル国際でマークした2時間8分14秒。大幅更新しなければ、来年のアジア大会(韓国・仁川)も16年リオ五輪も「諦める」と宣言したに等しい。五輪の舞台で走ることを夢見てきた26歳の川内にとっては大きな決断だ。

 その川内は、同じ舞台に立つロンドン五輪代表の藤原新(32)に向かって「市民ランナーがプロランナーに勝つことは価値がある」と宣戦布告。

 ロンドン五輪45位と惨敗した藤原はリオでのリベンジに燃えているが、このレースで、大きな決断を公にした川内にプロが負けたら果たして競技生活を続けていけるのか。川内に勝っても2時間7分30秒を切らなければ意味がない。

 藤原は「練習は7割ぐらいだが、この1週間で切れも出てきた。もう一度7分台を狙いたい」と言った。

 藤原の自己ベストは2時間7分48秒。2人の対決が見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る