• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公務員ランナー川内宣戦布告 藤原のクビも賭けた福岡国際

 面白いことになるかもしれない。

 12月1日号砲の福岡国際マラソンに出場する川内優輝は、目標タイムを2時間7分30秒に設定。「今後も日本代表を狙うかどうか、競技人生の分岐点になる」と述べた。

 川内のマラソン自己ベストは今年3月にソウル国際でマークした2時間8分14秒。大幅更新しなければ、来年のアジア大会(韓国・仁川)も16年リオ五輪も「諦める」と宣言したに等しい。五輪の舞台で走ることを夢見てきた26歳の川内にとっては大きな決断だ。

 その川内は、同じ舞台に立つロンドン五輪代表の藤原新(32)に向かって「市民ランナーがプロランナーに勝つことは価値がある」と宣戦布告。

 ロンドン五輪45位と惨敗した藤原はリオでのリベンジに燃えているが、このレースで、大きな決断を公にした川内にプロが負けたら果たして競技生活を続けていけるのか。川内に勝っても2時間7分30秒を切らなければ意味がない。

 藤原は「練習は7割ぐらいだが、この1週間で切れも出てきた。もう一度7分台を狙いたい」と言った。

 藤原の自己ベストは2時間7分48秒。2人の対決が見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る