入団直後に手術…5年目のSB星野が目指す“勝利の方程式”

公開日: 更新日:

 今季5年目ながら一軍登板は通算11試合。まだ初勝利、初セーブも記録していない。それでも、春季キャンプ初日から球界屈指の投手陣に交じって一軍キャンプに参加している。

「周りは凄い人たちばかりですけど、そこに入れているのは期待されているということですから。今年はその期待に応えないといけないと思っています」

 強い口調に飛躍への思いがにじむ。

 プロ入り前の岡山東商では1年まで捕手。強肩を生かそうと2年から投手に転向すると、すぐに最速140キロを記録した。高校時代、甲子園には出場できなかったものの、地元では「プロで通用する」と注目された。

 不幸が襲ったのはソフトバンク入団が決まった直後の10年12月。球団のメディカルチェックで右肘側副靱帯の損傷が判明した。翌月にはトミー・ジョン手術。リハビリ生活を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る