入団直後に手術…5年目のSB星野が目指す“勝利の方程式”

公開日: 更新日:

 今季5年目ながら一軍登板は通算11試合。まだ初勝利、初セーブも記録していない。それでも、春季キャンプ初日から球界屈指の投手陣に交じって一軍キャンプに参加している。

「周りは凄い人たちばかりですけど、そこに入れているのは期待されているということですから。今年はその期待に応えないといけないと思っています」

 強い口調に飛躍への思いがにじむ。

 プロ入り前の岡山東商では1年まで捕手。強肩を生かそうと2年から投手に転向すると、すぐに最速140キロを記録した。高校時代、甲子園には出場できなかったものの、地元では「プロで通用する」と注目された。

 不幸が襲ったのはソフトバンク入団が決まった直後の10年12月。球団のメディカルチェックで右肘側副靱帯の損傷が判明した。翌月にはトミー・ジョン手術。リハビリ生活を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る