• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入団直後に手術…5年目のSB星野が目指す“勝利の方程式”

 今季5年目ながら一軍登板は通算11試合。まだ初勝利、初セーブも記録していない。それでも、春季キャンプ初日から球界屈指の投手陣に交じって一軍キャンプに参加している。

「周りは凄い人たちばかりですけど、そこに入れているのは期待されているということですから。今年はその期待に応えないといけないと思っています」

 強い口調に飛躍への思いがにじむ。

 プロ入り前の岡山東商では1年まで捕手。強肩を生かそうと2年から投手に転向すると、すぐに最速140キロを記録した。高校時代、甲子園には出場できなかったものの、地元では「プロで通用する」と注目された。

 不幸が襲ったのはソフトバンク入団が決まった直後の10年12月。球団のメディカルチェックで右肘側副靱帯の損傷が判明した。翌月にはトミー・ジョン手術。リハビリ生活を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る