SB松坂困惑…コーチの“過剰指導”でプライドがズタズタ

公開日:  更新日:

 まるで新人のようだった。ソフトバンクの松坂大輔(34)が5日、今キャンプで初となる本格的な投球練習を行ったが、肩慣らしのキャッチボールの段階から、佐藤義則投手コーチ(60)が付きっきりでアドバイスを始めたのである。

 事前に松坂が、「長年の悪いクセが抜けないので、チェックをお願いした」と言うものの、「チェック」という範疇を明らかに超えていた。

 変化球を交えながら捕手を立たせて24球、座らせて35球の計59球を投げる間、佐藤コーチが付きっきりで手取り足取りアドバイス。松坂の右腕をつかまえて肘の位置を修正したかと思えば、次はリリースポイントの確認。さらにはセットポジションの背後に至近距離で立って体の開きを抑えるといった具合で、佐藤コーチの“メス”が入るたび、ブルペンにはカメラのシャッター音が鳴り響いた。本格的なブルペン投球初日からプロ1年目のような「指導」を受けては、カメラマンが驚いてシャッターを切るのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る