• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初登板でハッキリ SB松坂の「3年12億円」はムダ金になる

「去年、メジャーで結果が出なかったときのフォームとほとんど変わってませんよ」
 パ・リーグのあるスコアラーがこう言った。
 4日、阪神戦に先発した松坂大輔(34=ソフトバンク)の投球を見た感想だ。

 最速は146キロ。3回を投げて4安打無失点と得点は許さなかった。

「久々の実戦で緊張というか、フワフワして力が入らなかった。(3イニング目になって)ようやく落ち着き、力のあるボールが投げられるようになったのは良かった」とは試合後の本人だ。

 日本球界には9年ぶりの復帰。本人が言うように、実戦形式のマウンドも久々だった。

 しかし、「そういう問題じゃない」と前出のスコアラーがこう言うのだ。
「キャンプ中のブルペンはまだ良かった。左足を踏み出すときに体が沈み、下半身を使ったピッチングをしていた。けれどもこの日は違った。上体に頼り、体の開きが早い。阪神の打者はツーシーム主体の投球に多少、戸惑ったのかもしれない。松坂の状態がこのままだとすれば、打者が振れてくるだろう今後も同様の結果を出せるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る