初登板でハッキリ SB松坂の「3年12億円」はムダ金になる

公開日: 更新日:

「去年、メジャーで結果が出なかったときのフォームとほとんど変わってませんよ」
 パ・リーグのあるスコアラーがこう言った。
 4日、阪神戦に先発した松坂大輔(34=ソフトバンク)の投球を見た感想だ。

 最速は146キロ。3回を投げて4安打無失点と得点は許さなかった。

「久々の実戦で緊張というか、フワフワして力が入らなかった。(3イニング目になって)ようやく落ち着き、力のあるボールが投げられるようになったのは良かった」とは試合後の本人だ。

 日本球界には9年ぶりの復帰。本人が言うように、実戦形式のマウンドも久々だった。

 しかし、「そういう問題じゃない」と前出のスコアラーがこう言うのだ。
「キャンプ中のブルペンはまだ良かった。左足を踏み出すときに体が沈み、下半身を使ったピッチングをしていた。けれどもこの日は違った。上体に頼り、体の開きが早い。阪神の打者はツーシーム主体の投球に多少、戸惑ったのかもしれない。松坂の状態がこのままだとすれば、打者が振れてくるだろう今後も同様の結果を出せるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る