初登板でハッキリ SB松坂の「3年12億円」はムダ金になる

公開日: 更新日:

「去年、メジャーで結果が出なかったときのフォームとほとんど変わってませんよ」
 パ・リーグのあるスコアラーがこう言った。
 4日、阪神戦に先発した松坂大輔(34=ソフトバンク)の投球を見た感想だ。

 最速は146キロ。3回を投げて4安打無失点と得点は許さなかった。

「久々の実戦で緊張というか、フワフワして力が入らなかった。(3イニング目になって)ようやく落ち着き、力のあるボールが投げられるようになったのは良かった」とは試合後の本人だ。

 日本球界には9年ぶりの復帰。本人が言うように、実戦形式のマウンドも久々だった。

 しかし、「そういう問題じゃない」と前出のスコアラーがこう言うのだ。
「キャンプ中のブルペンはまだ良かった。左足を踏み出すときに体が沈み、下半身を使ったピッチングをしていた。けれどもこの日は違った。上体に頼り、体の開きが早い。阪神の打者はツーシーム主体の投球に多少、戸惑ったのかもしれない。松坂の状態がこのままだとすれば、打者が振れてくるだろう今後も同様の結果を出せるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る