松坂調整遅れで好機 ソフトB飯田優也がローテ入りへ急成長

公開日: 更新日:

「キャンプでやってきたことが形になっている」

 笑顔で投球を振り返ったのはソフトバンクの飯田優也(24)。12年育成3位で入団、昨年支配下登録された左腕が、昨25日の韓国・斗山戦で3回無安打、3者連続を含む6奪三振の快投を見せた。

 今季から下半身を意識したフォームに修正。佐藤投手コーチは「ほぼパーフェクト。ボールが強い。楽しみなことがいっぱいある」と、先発ローテ入りに名乗りを上げた男を褒め称えた。

 ソフトバンクはライバル球団がうらやむほど、ローテ投手候補が揃っている。新入団の松坂はもちろん、摂津、スタンリッジ、大隣、中田、武田……。飯田がそこに割って入るのは容易ではないが、チャンスはある。ローテ入りが決定している松坂の調整が遅れているからだ。

 この日、右手親指と薬指にできたマメの影響でまたもブルペン入りを回避。本人は「(ブルペンで)投げられるが、福岡に帰ってからの方が集中して投げられる」と慌てる様子はないものの、20日に打撃投手をやって以降、5日連続で投球していない。待望の実戦初登板は、高校時代に躍動した甲子園での3月4日阪神戦が予定されているとはいえ、あくまで予定。マメの回復次第では、登板がズレ込む恐れもある。

「その点、飯田は若くて体力も勢いもある。チームの先発候補の中で急成長している期待のホープ。一皮むければ10勝はできる。シーズンが終わった時に結果を残しているのは、松坂より飯田の方かもしれない」(ホークスOB)

 松坂もウカウカしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る