松坂調整遅れで好機 ソフトB飯田優也がローテ入りへ急成長

公開日:  更新日:

「キャンプでやってきたことが形になっている」

 笑顔で投球を振り返ったのはソフトバンクの飯田優也(24)。12年育成3位で入団、昨年支配下登録された左腕が、昨25日の韓国・斗山戦で3回無安打、3者連続を含む6奪三振の快投を見せた。

 今季から下半身を意識したフォームに修正。佐藤投手コーチは「ほぼパーフェクト。ボールが強い。楽しみなことがいっぱいある」と、先発ローテ入りに名乗りを上げた男を褒め称えた。

 ソフトバンクはライバル球団がうらやむほど、ローテ投手候補が揃っている。新入団の松坂はもちろん、摂津、スタンリッジ、大隣、中田、武田……。飯田がそこに割って入るのは容易ではないが、チャンスはある。ローテ入りが決定している松坂の調整が遅れているからだ。

 この日、右手親指と薬指にできたマメの影響でまたもブルペン入りを回避。本人は「(ブルペンで)投げられるが、福岡に帰ってからの方が集中して投げられる」と慌てる様子はないものの、20日に打撃投手をやって以降、5日連続で投球していない。待望の実戦初登板は、高校時代に躍動した甲子園での3月4日阪神戦が予定されているとはいえ、あくまで予定。マメの回復次第では、登板がズレ込む恐れもある。

「その点、飯田は若くて体力も勢いもある。チームの先発候補の中で急成長している期待のホープ。一皮むければ10勝はできる。シーズンが終わった時に結果を残しているのは、松坂より飯田の方かもしれない」(ホークスOB)

 松坂もウカウカしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る