現役時代は首脳陣泣かせ SB工藤新監督のわがまま“武勇伝”

公開日: 更新日:

「現役の時から思っているのは、一日でも長くユニホームを着ることが選手にとって何よりも大切。そうするためには何が必要か考えてほしい。必然的に自分がなすべきことは分かると思う。その思いだけは持っていてほしい」

 1日の就任会見でこう語っていたソフトバンク工藤公康新監督(51)。そのコメントを聞いた球界OBは、「のっけから工藤らしいわな」と言って笑った。

 現役時代は西武、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人などに在籍。リーグ優勝14回、日本一11回の他に、最優秀防御率や最多奪三振など数々のタイトルも獲得。輝かしい実績を誇る一方で、トレーニング方法を独自で研究したり、現役引退後は筑波大大学院で故障予防などを学び球界きっての理論派ともいわれている。

「確かにね。でも、あのわがままな人間が監督にふさわしいのか、どうか」と言って前出のOBはこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る