現役時代は首脳陣泣かせ SB工藤新監督のわがまま“武勇伝”

公開日: 更新日:

「現役の時から思っているのは、一日でも長くユニホームを着ることが選手にとって何よりも大切。そうするためには何が必要か考えてほしい。必然的に自分がなすべきことは分かると思う。その思いだけは持っていてほしい」

 1日の就任会見でこう語っていたソフトバンクの工藤公康新監督(51)。そのコメントを聞いた球界OBは、「のっけから工藤らしいわな」と言って笑った。

 現役時代は西武、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人などに在籍。リーグ優勝14回、日本一11回の他に、最優秀防御率や最多奪三振など数々のタイトルも獲得。輝かしい実績を誇る一方で、トレーニング方法を独自で研究したり、現役引退後は筑波大大学院で故障予防などを学び球界きっての理論派ともいわれている。

「確かにね。でも、あのわがままな人間が監督にふさわしいのか、どうか」と言って前出のOBはこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る