高橋善正
著者のコラム一覧
高橋善正野球評論家

44年高知生まれ。高知商から中大へ進み、東都リーグで通算63試合、35勝15敗、188奪三振、防御率1.61という脅威的な成績を残す。66年ドラフトで東映入り。67年15勝で新人王。71年西鉄戦で完全試合達成。73年巨人移籍。77年現役引退。巨人、中日、日ハム、横浜大洋、社会人シダックスのコーチを歴任。07年に中大投手コーチ、08年から4年間監督を務める。

星野監督の「田中酷使」がシリーズを盛り上げた

公開日: 更新日:

 日本シリーズ第7戦、楽天・田中将大(25)の救援起用がちょっとした議論になった。

 田中は前日の第6戦に先発し160球を投げて完投。打線の援護に恵まれず黒星を喫し、対戦成績は3勝3敗。星野監督は最終戦、美馬―則本とつなぎ、九回は田中が巨人打線をき…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る