• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

10年ぶりのJゴールは少し複雑だった

 10年ぶりのJリーグのゴールは「ごっちゃん」でした。J2第3節(16日)の熊本戦。(FW前田)遼一が立て続けに2点を取ってくれた後の36分、FWポポのシュートがGKにはじかれ、そこに詰める形で自分の3点目が入った。チームメートに「ありがとう」の気持ちでいっぱいでした。

 そうそう、試合後にDF駒野が「おめでとう」って言ってくれたみたいだけど、あいつの声、ちっちゃいから何も聞こえなかったね(笑い)。

 後半の内容に関しては正直、納得はしていません。サポーターも4、5点と期待してくれていたのに落ち着いた感じの展開になってしまった。

 僕自身もフリーでシュートした61分の決定機など2本は決めるべき場面があった。まだまだですね。ベンチに下がる直前の74分には、相手のカウンターから失点してしまった。どの試合にも押し込まれる時間帯はあります。そこで失点しないようにもう一度、守備を見直したいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る