日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最後はホテル勤務…事故死の奥大介さん“辛酸”舐めた引退後

 日本サッカー界に衝撃が走った。元日本代表の奥大介さん(38)が17日早朝、沖縄県宮古島市で交通事故のため死去した。

 同日午前4時25分ごろ、奥さんの運転する軽乗用車が対向車線にはみ出して道路脇の電柱に衝突。沖縄県警によると、奥さんは病院に運ばれたが、骨盤骨折などで間もなく死亡が確認されたという。事故現場は、畑や原野に囲まれた見通しの良い片側1車線の緩やかなカーブ。軽自動車は上野交差点から宮国交差点に向けて進行中で、奥さんは勤務先のホテルに向かう途中だった。

 Jリーグのジュビロ磐田や横浜Fマリノスなどで活躍し、J1通算280試合出場で62ゴールを記録。日本代表でも26試合に出場して2点を挙げている奥さんだが、現役引退後の話題は“ピッチ外”でのことばかりだった。

 2011年10月からは横浜FCの強化部長を務めたものの、「体調がすぐれない」と一昨年12月付でテクニカルアドバイザーに異動。昨年1月には一身上の都合で辞めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事