• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル3年目と比較 日ハム大谷「来季年俸」どこまで跳ね上がる

「制球が定まらず、3回くらい心が折れそうになりましたけど、リードや野手のプレーに助けられました」

 10日の西武戦で両リーグ最速の10勝目をマークした日本ハムの大谷翔平(21)がこう言ってホッとした表情を浮かべた。

 投げ合った岸は、八回先頭の近藤に中堅フェンス直撃の二塁打を打たれるまで無安打無得点ペース。1点もやれない状況が続く中、「心が折れそうになりながら」も、8回を3安打無失点、10奪三振に抑えた。

 高卒3年目の今季年俸は1億円。来季の給料は一体、どれくらいになるのか。

 大谷は10日現在、10勝1敗、防御率1.43、117奪三振。パ・リーグどころか、両リーグを通じて投手三冠だ。

 日本ハム出身で同じ高卒のダルビッシュ(現レンジャーズ)は、3年目に15勝5敗、防御率1.82。最多奪三振(210)のタイトルを獲得して7200万円だった年俸は、一気に2億円までハネ上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る