• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パドレス右腕が3度目手術 「ダル執刀医」の気になる“過去”

 今年3月に右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)は大丈夫か?

 ダルは早ければ来年5月にも復帰する見込みだが、再び、右肘靱帯を断裂する恐れもあるからだ。

 ここにきて、パドレスの右腕ジョシュ・ジョンソン(31)が右肘靱帯の損傷でトミー・ジョン手術を受けることが決定。今季は不調でマイナーで調整を続けていたジョンソンが右肘にメスを入れるのは07年8月、13年10月に続いて今回で3度目となる。同手術を3度も受けたのはホセ・リホ(元レッズなど)、ジョニー・ベンタース(元ブレーブス)、ジェイソン・イズリングハウゼン(元カージナルスなど)に次いで4人目となる。

 この4人には共通点がある。ジェームズ・アンドリューズ医師が執刀や診察に携わっていることだ。米国では肘の権威として知られるアンドリューズ医師は、これまで100人以上を執刀しているが、実はダルの肘を手術したのも同医師というから気になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事