• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活期待No.1のダルに立ちはだかるマリナーズの待球作戦

 右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29=写真)に日本人野手が立ちはだかりそうだ。

 MLBの事業会社が運営するスポーツサイト「スポーツ・オン・アース」は14日(日本時間15日)、今季故障から復帰して活躍が見込まれる選手上位10人を挙げ、ダルが1位に。「シーズン序盤は投げられないが、インパクトを与える時間は十分にある」というのがその根拠だ。

 トミー・ジョン手術を受けた投手は患部の強化に加え、投球フォームの矯正を含め一からつくり直すため、故障前よりレベルアップするケースは少なくないとされる。復帰1年目のダルがエースとして復調をアピールする可能性はあるが、同地区のライバルが厄介な存在になるかもしれない。青木宣親(34)が加入したマリナーズのことだ。

 昨季は出塁を重視するE・マルティネス打撃コーチの方針もあり、相手投手に少しでも多くの球数を投げさせる待球が徹底された。その結果、マリナーズ打線が稼いだ球数は計6131打席で2万3814球(リーグ4位)。1打席あたり、約4球を投げさせた計算になる。一昨年、リーグ最下位だった出塁率(3割)は3割1分1厘と向上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る