ダル仰天、有吉も反応…プロレスラー中西学の朝食が凄い

公開日:  更新日:

 新日本プロレスリングの中西学(48)の朝食の量が「凄すぎる」と、有名人からも驚きの声が広がっている。

 中西は7日朝、ツイッターで「朝だ名古屋だドテ煮が嬉しいモーニングモンスター!」とつぶやき、朝食の写真をアップ。食卓には、巨大な椀に入った粥をはじめ、大皿に盛られたサラダ、おびただしい数のウインナーに焼き魚と、到底1人分とは思えない大量の料理……。

 直後、このツイートに気付いたテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(29)が「凄すぎる」とツイート。この話題はネット掲示板にも飛び火し、驚きの声が上がっている。

 さらに9日朝には「朝だ仙台 ササカマ嬉しいモンスターモーニング」と、やはり大量の朝食の写真を公開。この日は、粥とパンの“ダブル炭水化物”に加え、大皿に盛られたサラダが2つ、納豆3パックなど、これでもかとばかりの質と量だ。このツイートは500万フォロワーを抱えるお笑い芸人の有吉弘行(41)がリツイートするなど、ネット上で再び大きな話題になっている。

 “大食いレスラー”で知られる中西は、たびたび凄まじい量の朝食をツイッターに掲載している。朝食は遠征先でのバイキングのようだが、48歳で現役を続けるためにはやはり大量の栄養が必要ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る