日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷が体重100キロ メジャー級ボディーでダル超え

 黒いアンダーシャツに、見事なまでの筋肉が浮かび上がっていた。

 6日に日本ハムの大谷翔平(21)が自主トレを公開。午前中はランニングを中心に下半身強化を行い、午後はキャッチボール、ティー打撃、フリー打撃で汗を流した。

 今オフだけで約8キロも増量した大谷。担当記者らも「腕が太くなった」「いや、ケツもデカくなったぞ」と驚嘆することしきりだった。大谷が言う。

「今の体重は100キロ。あともうちょっと、2、3キロは増やしたい。キャンプに入ったら少しずつ絞って、(最終的には)98、99キロくらいになれば勝負できる体になる。食事? 無理して食べていますよ。1日6、7食くらい。プロテインなども含めての回数ですけど。シーズン中より炭水化物は増やしています」

 昨季は160回3分の2で49四死球。格別多いわけではないが、160キロの球速と球威でごまかしている部分もあり、細かい制球力には疑問符がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事