日ハム大谷が体重100キロ メジャー級ボディーでダル超え

公開日:  更新日:

 黒いアンダーシャツに、見事なまでの筋肉が浮かび上がっていた。

 6日に日本ハムの大谷翔平(21)が自主トレを公開。午前中はランニングを中心に下半身強化を行い、午後はキャッチボール、ティー打撃、フリー打撃で汗を流した。

 今オフだけで約8キロも増量した大谷。担当記者らも「腕が太くなった」「いや、ケツもデカくなったぞ」と驚嘆することしきりだった。大谷が言う。

「今の体重は100キロ。あともうちょっと、2、3キロは増やしたい。キャンプに入ったら少しずつ絞って、(最終的には)98、99キロくらいになれば勝負できる体になる。食事? 無理して食べていますよ。1日6、7食くらい。プロテインなども含めての回数ですけど。シーズン中より炭水化物は増やしています」

 昨季は160回3分の2で49四死球。格別多いわけではないが、160キロの球速と球威でごまかしている部分もあり、細かい制球力には疑問符がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る