練習試合で3回6安打3失点も…日ハム斎藤佑に強力な“援軍”

公開日: 更新日:

 8日(日本時間9日)、キャンプ地アリゾナで韓国ロッテとの練習試合に先発。3回を6安打3失点だった日本ハム斎藤佑樹(27)。降板後に「変化球が高かったのが今後の課題です」と振り返った。

 ここ数年間、不甲斐ない成績が続いている斎藤は、12年に負傷した右肩の影響もあり、昨季までの3年間でわずか3勝しか挙げていない。毎年のように「今年こそやらなきゃいけない」と言いながら、結果がついてこなかった。

 そんな斎藤にとってこれ以上ない援軍が、吉井理人投手コーチだ。08年から12年まで日ハムで投手コーチを務め、今季が4年ぶりの復帰となる。斎藤がルーキーイヤーの11年と翌12年、6勝(6敗)、5勝(8敗)と成績を残せたのも、吉井コーチの指導によるところが大きいという。

 信頼できるコーチの復帰は、斎藤にとって技術以上に精神的な救いにもなるはずだ。

「栗山監督は大谷には厳しいのに、斎藤のことはやたらとひいきしている。何度KOされてもチャンスを与え続け、昨季は『九回を投げさせたい』と抑え転向プランまでブチ上げたこともある。あまりに前向きな発言しかしないので、嫌みにすら聞こえるほどです。そうした言動が斎藤のプレッシャーになっていないとは言えないでしょう。プロ入り前から話題性先行の斎藤はチームで浮いている。首脳陣の多くも腫れ物にでも触るような扱いだったが、吉井コーチだけはきちんと斎藤に向き合って面倒を見ていましたからね」(球団OB)

 もちろん、斎藤にふさわしいコーチが来たからといって、活躍できる保証はどこにもないが……汚名返上となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍