日ハム栗山監督 斎藤佑樹を「特別扱い」は巧妙なパワハラか

公開日:  更新日:

 一般的に栗山英樹監督は斎藤佑樹に甘いとされているが、私はそう思わない。むしろ、彼ほど斎藤に厳しい人もいないのではないか。現在の斎藤の実力を考えた場合、栗山監督が課している「特別扱い」というハードルは極めて高い。もはや無理難題のレベルだ。

 ご存じ、元・甲子園のスターである斎藤は、プロ入り以降その期待を裏切り続けている。一軍はおろか二軍でも炎上を繰り返し、中継ぎに回っても結果を残せず、最近は一部で限界説までささやかれるようになった。

 しかし、それでも栗山監督は斎藤の特別扱いをやめない。性懲りもなくマウンドに送り、よせばいいのに世間の注目をわざわざあおるような言葉まで発する。「斎藤はチームの雰囲気を変えられる投手」「彼の存在感は大きな力」「夏は彼の季節」など、栗山流のリップサービスは、斎藤にしてみれば期待のエールというより冷やかしに近い。そうやって不当にハードルを上げるからこそ、斎藤はますます嘲笑されてしまうのだ。いやはや、栗山監督も爽やかな笑顔ながら底意地が悪い。私が斎藤なら、黙っておいてほしいと思うはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る