日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「来年こそ」と意気込むハム斎藤佑 タレント転身のXデー

「ちょっと下がりました」

 3日、日本ハムの斎藤佑樹(27)が契約更改。ダウン額は明かさなかったが、200万円減の年俸2300万円とみられる。今季の成績(12試合で1勝3敗、防御率5.74)なら、ダウンも致し方あるまい。

 ファンに向けたメッセージとして「来年こそ」と記した斎藤だが、プロ5年間でわずか14勝。来年は28歳を迎え、同世代の選手がチラホラ引退している。いつまでも現役でいられる保証はない。

「ちょっと舌足らずなところは気になるが、トーク力は球界屈指。今なら引退してもタレントとしてのオファーがあるはずです」とは放送関係者。

 早実高時代から大きな注目を集めて知名度は抜群。頭の回転が速く、口八丁で弁が立つ。早大時代に「持っている人生」と発言して話題になった斎藤は今季、ロッテ戦で初勝利を挙げた際に、「僕の第二の野球人生が始まる」と言ってファンを喜ばせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事