ようやく今季初勝利も…日ハム斎藤佑がCS登板“当確”の理由

公開日: 更新日:

 日本ハムの斎藤佑樹(27)が16日のロッテ戦に先発。6回5安打1失点の好投で今季初勝利を飾った。

 8月22日以来、約3週間ぶりの一軍マウンドだったが、この日は低めにボールを集め、課題だった大量失点につながる長打も「ゼロ」。試合前、「一度使って先の戦い(CS)で投げられるようになればうれしい」と語っていた栗山監督の期待に応えた。

 そうはいっても、ようやく今季初勝利。いくら栗山監督といえども、たった1回の好投で斎藤をCSの戦力に計算するはずがない。と思ったら、首脳陣は先発も考えているというからビックリだ。「チームのエース、大谷翔平のためです」とはチーム関係者。

 大谷は今季、ソフトバンクと相性が悪く、計4試合で1勝2敗、防御率6.58で19失点と散々。チームが順調にCS第1ステージを突破しても、ファイナルステージでソフトバンクの返り討ちに遭う可能性がある。そこで、“スパイス”として斎藤を加えるというのだ。前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

  9. 9

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  10. 10

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

もっと見る