ようやく今季初勝利も…日ハム斎藤佑がCS登板“当確”の理由

公開日:  更新日:

 日本ハムの斎藤佑樹(27)が16日のロッテ戦に先発。6回5安打1失点の好投で今季初勝利を飾った。

 8月22日以来、約3週間ぶりの一軍マウンドだったが、この日は低めにボールを集め、課題だった大量失点につながる長打も「ゼロ」。試合前、「一度使って先の戦い(CS)で投げられるようになればうれしい」と語っていた栗山監督の期待に応えた。

 そうはいっても、ようやく今季初勝利。いくら栗山監督といえども、たった1回の好投で斎藤をCSの戦力に計算するはずがない。と思ったら、首脳陣は先発も考えているというからビックリだ。「チームのエース、大谷翔平のためです」とはチーム関係者。

 大谷は今季、ソフトバンクと相性が悪く、計4試合で1勝2敗、防御率6.58で19失点と散々。チームが順調にCS第1ステージを突破しても、ファイナルステージでソフトバンクの返り討ちに遭う可能性がある。そこで、“スパイス”として斎藤を加えるというのだ。前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る