ようやく今季初勝利も…日ハム斎藤佑がCS登板“当確”の理由

公開日: 更新日:

 日本ハム斎藤佑樹(27)が16日のロッテ戦に先発。6回5安打1失点の好投で今季初勝利を飾った。

 8月22日以来、約3週間ぶりの一軍マウンドだったが、この日は低めにボールを集め、課題だった大量失点につながる長打も「ゼロ」。試合前、「一度使って先の戦い(CS)で投げられるようになればうれしい」と語っていた栗山監督の期待に応えた。

 そうはいっても、ようやく今季初勝利。いくら栗山監督といえども、たった1回の好投で斎藤をCSの戦力に計算するはずがない。と思ったら、首脳陣は先発も考えているというからビックリだ。「チームのエース、大谷翔平のためです」とはチーム関係者。

 大谷は今季、ソフトバンクと相性が悪く、計4試合で1勝2敗、防御率6.58で19失点と散々。チームが順調にCS第1ステージを突破しても、ファイナルステージでソフトバンクの返り討ちに遭う可能性がある。そこで、“スパイス”として斎藤を加えるというのだ。前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る