育成選手を“起爆剤”に? 巨人ガルシア緊急昇格の狙い

公開日:  更新日:

 巨人が「秘密兵器」を呼んだ。キューバから5月23日に来日したばかりのホセ・ガルシア外野手(23)が16日、一軍に昇格。1点ビハインドの五回2死満塁で代打として登場したが、空振り三振に倒れた。

 二軍戦10試合で打率.325と好調だが、貧打の起爆剤として期待――というだけではない。そもそも育成目的で獲得した選手。国内リーグで昨季は最多安打、今季は最多打点のタイトルを獲得したとはいえ、堤GMは「パワーがあってスピードも抜けている。身体能力の高さを生かしたプレーで細かい技術を学んでもらい、一軍の戦力に育てたい」と話していた。それが、来日1カ月も経たず、事情が変わったのである。

 巨人の外国人選手は、育成を含めれば13人も在籍。にもかかわらず、前日まで一軍にはギャレットとマシソンの2人しかいなかった。対外的な秘密兵器としてより、「内部に向けた昇格でもある」とチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る