巨人OB失望…13人目助っ人左腕ガルシアに薬物違反の過去

公開日:  更新日:

 巨人が新外国人候補として、四国アイランドリーグplus、徳島のガブリエル・ガルシア投手(27)を獲得すると、1日にスポーツ紙が報じている。

 ベネズエラ出身の左腕。獲得が決まれば、育成選手も含め、巨人13人目の外国人選手となる。先日10年ぶりの7連敗を食らったばかり。貧打はもとより先発陣も不安ということなのだ。期待されたマイコラスは右肩痛、ポレダも1勝3敗、防御率4.00で1カ月前に二軍落ち。両助っ人の不在が球団の不安をかき立てている。

 そんな中、ガルシアは5月18日に徳島で行われた巨人三軍との交流戦に先発して5安打完封勝利。この好投が巨人関係者の目に留まり、白羽の矢が立った。

 制球力がウリで、140キロ台の直球にスライダーやチェンジアップなどの変化球を丁寧に低めに集めるタイプ。いち早く合流でき、日本の野球や環境に慣れている点が評価されたという。が、その助っ人、米国時代にヤバイ“前科”があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る