オコエ“レーザー”にドーム興奮 巨人にこそ必要な若手抜擢

公開日:  更新日:

 巨人が踏んだり蹴ったりの5連敗で借金2となった。14日の楽天戦で八回に飛球を追った中堅の橋本と左翼のギャレットが交錯。落球の間に失点した上にギャレットが顔面を流血して退場した。「めいっぱい打球を追いかけたプレーだし、あれはどうしようもない」と高橋監督はかばったが、文字通り「痛い敗戦」となった。

 ボロボロの巨人にあって、まぶしく見えたのは楽天の高卒ルーキーではなかったか。「1番・中堅」でスタメン出場したオコエは無安打ながら、二回の守備で中堅から三塁へレーザービーム。一塁から三塁を狙った走者の村田を刺すなど、敵地・東京ドームを大いに沸かせた。

 取っときゃよかった…と悔やんでも遅い。オコエとは、小学6年の時に、NPBジュニアトーナメントに出場するジャイアンツジュニアに選出された縁があった。昨夏の甲子園後には巨人の球団内でオコエ株が急上昇。一時、ドラフト1位候補の最上位に位置づけされたというが、最終的に指名はしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る