オコエ“レーザー”にドーム興奮 巨人にこそ必要な若手抜擢

公開日: 更新日:

 巨人が踏んだり蹴ったりの5連敗で借金2となった。14日の楽天戦で八回に飛球を追った中堅の橋本と左翼のギャレットが交錯。落球の間に失点した上にギャレットが顔面を流血して退場した。「めいっぱい打球を追いかけたプレーだし、あれはどうしようもない」と高橋監督はかばったが、文字通り「痛い敗戦」となった。

 ボロボロの巨人にあって、まぶしく見えたのは楽天の高卒ルーキーではなかったか。「1番・中堅」でスタメン出場したオコエは無安打ながら、二回の守備で中堅から三塁へレーザービーム。一塁から三塁を狙った走者の村田を刺すなど、敵地・東京ドームを大いに沸かせた。

 取っときゃよかった…と悔やんでも遅い。オコエとは、小学6年の時に、NPBジュニアトーナメントに出場するジャイアンツジュニアに選出された縁があった。昨夏の甲子園後には巨人の球団内でオコエ株が急上昇。一時、ドラフト1位候補の最上位に位置づけされたというが、最終的に指名はしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る