復帰戦で初左翼…“3ない”ギャレットに巨人ナイン戦々恐々

公開日:  更新日:

 巨人のギャレット・ジョーンズ(34)が10日のソフトバンク戦で一軍に昇格した。「7番・左翼」で出場。開幕から二軍落ちするまでは一塁だったが、この日は初めてレフトの守備に就いた。

 普段は阿部が一塁を守るため、ギャレットは二軍調整中に左翼の守備に入り、準備をしていた。が、助っ人のレフトは春季キャンプで一度“失格”の烙印を押されている。ある選手がこう言う。

「キャンプのシートノックで守った時に、ひどすぎて“クビ”になったんですから。この時、あるコーチは『ギャレットはやっぱり一塁だな』と言っていた。二軍戦でレフトを守ったといっても走れない、捕れない、投げられない。打球がレフトに飛んだら、ヘタすれば走者は全部回っちゃう。交流戦が終わってリーグ戦再開のタイミングで阿部さんが捕手に復帰するというウワサがあるけど、早くマスクをかぶって欲しい。そうすればギャレットは一塁に入れるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る