復帰戦で初左翼…“3ない”ギャレットに巨人ナイン戦々恐々

公開日: 更新日:

 巨人のギャレット・ジョーンズ(34)が10日のソフトバンク戦で一軍に昇格した。「7番・左翼」で出場。開幕から二軍落ちするまでは一塁だったが、この日は初めてレフトの守備に就いた。

 普段は阿部が一塁を守るため、ギャレットは二軍調整中に左翼の守備に入り、準備をしていた。が、助っ人のレフトは春季キャンプで一度“失格”の烙印を押されている。ある選手がこう言う。

「キャンプのシートノックで守った時に、ひどすぎて“クビ”になったんですから。この時、あるコーチは『ギャレットはやっぱり一塁だな』と言っていた。二軍戦でレフトを守ったといっても走れない、捕れない、投げられない。打球がレフトに飛んだら、ヘタすれば走者は全部回っちゃう。交流戦が終わってリーグ戦再開のタイミングで阿部さんが捕手に復帰するというウワサがあるけど、早くマスクをかぶって欲しい。そうすればギャレットは一塁に入れるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る