自己最多13勝 マー君“未体験ゾーン”突入で課せられる役割

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が好調だ。

 10日(日本時間11日)のレイズ戦で7回3分の1を5安打1失点で、自己最多タイの13勝目(4敗)をマーク。チームの連勝を7に伸ばしてア・リーグ東地区首位のレッドソックスと3ゲーム差とし、ポストシーズン進出争いに再浮上した(10日終了時)。

 今季の田中は開幕からヤンキース投手陣では唯一、ローテーションを守り、ここまで29試合で投球回数は186回3分の2。ローテーション通りなら、レギュラーシーズンは残り4試合に先発する見込みで、目標とする200イニング登板は十分に達成可能だ。メジャーの先発投手は年間200イニングをクリアすれば、一流と認められる。田中はメジャー3年目にして初めて一流の証しを手にしそうだが、過去2年は故障続きでここからは未体験ゾーン。エースである以上、求められるのは大台到達よりも投球内容であることは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る