ヤンキースの“放出セール”でマー君も他球団に売られる?

公開日:  更新日:

 メジャーでプレーオフ進出の可能性がなくなった球団が主力を次々に放出することを「ファイアセール」と呼ぶ。代わりに若手有望株を獲得して、チーム再建に舵を切るのだ。中でも派手なファイアセールを行って話題になっているのがヤンキース。すでに抑えのチャップマン、セットアッパーのミラー、先発のノバ、中軸のベルトランらを売り払った。

 トレード期限の7月31日は過ぎたが、ウエーバーを使えばまだ放出は可能。4日現在、7勝4敗、防御率3.46の田中将大(27)は売られないか。

「昨年、一昨年と比べれば投球内容は安定していて、ヤンキースの事実上のエースです。リリーフが脆弱になったいま、田中を放出してしまったら、それこそヒドいことになってしまう。三塁手のヘッドリーと外野手のガードナーは、いずれも打率が・250前後。トレードに出すなら、田中より彼らが先でしょう」とはスポーツライターの友成那智氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る