入札金20億円でチーム活性化 広島「マエケン売却」の効能

公開日:  更新日:

 昨年15勝(8敗)した前田健太(28)が、オフに入札制度でドジャース入り。エースの抜けた穴を危惧する声があったものの、今季のリーグ優勝は「むしろ前田が退団したおかげ」という指摘がある。

 球団に入った20億円の入札金を有効活用、なおかつエースがいなくなったことでチームが活性化したというのだ。

 残留か引退か逡巡していた黒田(41)に2億円アップの年俸6億円を払い、投打の柱であるジョンソン(31)とエルドレッド(36)をそれぞれ1億2500万円と1億500万円で引き留められたのも、20億円があったからこそ。さらに入札金のおかげで投手2人と野手2人の新外国人4人を計2億5400万円で獲得できたことも大きかった。

「外国人も含めてチーム内部が活性化されたのです」と、放送関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る