入札金20億円でチーム活性化 広島「マエケン売却」の効能

公開日:  更新日:

 昨年15勝(8敗)した前田健太(28)が、オフに入札制度でドジャース入り。エースの抜けた穴を危惧する声があったものの、今季のリーグ優勝は「むしろ前田が退団したおかげ」という指摘がある。

 球団に入った20億円の入札金を有効活用、なおかつエースがいなくなったことでチームが活性化したというのだ。

 残留か引退か逡巡していた黒田(41)に2億円アップの年俸6億円を払い、投打の柱であるジョンソン(31)とエルドレッド(36)をそれぞれ1億2500万円と1億500万円で引き留められたのも、20億円があったからこそ。さらに入札金のおかげで投手2人と野手2人の新外国人4人を計2億5400万円で獲得できたことも大きかった。

「外国人も含めてチーム内部が活性化されたのです」と、放送関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る