田中将大 サイ・ヤング賞の条件は“残り試合すべて完封”

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が水をさされた。

 30日(日本時間31日)のロイヤルズ戦に12勝目をかけて登板。3者凡退に仕留める無難な立ち上がりを見せたが、4点リードの三回。2死から連打を浴びて1点を返される。続く四回には4番モラレスに甘く入った変化球を右翼スタンドに叩き込まれるソロ本塁打を許し、2点差に迫られた。

 五回を投げ終えたところで雨が降り始め、試合は中断。約1時間後に再開したが、田中は降板。5回を1本塁打を含む4安打2失点で、勝利投手の権利を持ったままマウンドを救援陣に託した。

 田中は28日にMLB公式サイトが掲載したサイ・ヤング賞の予想記事で候補のひとりに挙げられた。ア・リーグではレッドソックス・ポーセロ(18勝3敗、防御率3.26)、ブルージェイズ・ハップ(17勝4敗、同3.19)の勝ち頭2人の他、貢献度を示すWAR(5.8)でトップのレンジャーズ・ハメルズ(14勝4敗、防御率2.67)、リーグ3位の186奪三振をマークするホワイトソックス・セール(15勝7敗、同3.14)らを有力候補としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る