• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好リードで田中将大が12勝目 ヤンキース“新女房”の正体

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のブルージェイズ戦に登板。6回3分の1を7安打2失点にまとめ12勝目(4敗)を挙げた。これで田中は5連勝だが、注目は田中の女房役であるゲーリー・サンチェス捕手(23)。8月3日に傘下の3Aスクラントンから昇格すると、攻守にわたる活躍を見せているからだ。

 10日のレッドソックス戦で初本塁打を放つと、その後は一発を量産。27日のオリオールズ戦では今季23試合目で11号を放ち、96年にレッドソックスのジョージ・スコットがマークした「26戦11発」のメジャー記録を更新。ここまで29試合で111打数39安打の打率3割5分1厘、11本塁打、21打点。8月には新人では史上初の2週連続週間MVPに選出され、月間MVPと最優秀新人の同時受賞も果たした。

 ドミニカ共和国サントドミンゴ出身。09年7月、17歳でヤンキース入団。契約金は中南米出身の選手にしては300万ドル(約3億1200万円)と破格だった。マイナーでは毎年のように10本塁打以上をマークし、ルーキーリーグから順調にステップアップ。A・ロドリゲス、マーク・テシェーラ両内野手の引退など、若返りを図るチーム方針もあり、正捕手マッキャンを一塁やDHに追いやってマスクをかぶるチャンスを得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る