ゴメス解雇も心配なし 金本阪神“超変革トリオ”が穴埋める

公開日:

 3人束になればゴメスの代わりになるか。

 16日に秋季キャンプを打ち上げた阪神の金本監督は「(選手は)本当に頑張った。ハード過ぎるかなという思いがあったが、一から鍛えて、つくっていこうという方針があった。少々ケガ人が出てもいいかなと、それぐらい追い込んでいこうとね」と、満足そうに言った。

 若手主体のキャンプは、フリー打撃や特打などで1日1000スイングがノルマ。金本監督はキャンプ中、お気に入りの北條に直接打撃指導するなど、高山、原口らとともにさらなる成長を期待している。

 阪神は、今季22本塁打、79打点のゴメスを解雇した。金本監督は、北條、高山、原口の奮起を促すために、大砲ゴメスをクビにしたのではないか。

 3人の今季の本塁打と打点を合わせると24本塁打、144打点。来季、この数字を上積みすれば、ゴメスの抜けた穴は埋まる。

 とはいえ、「超変革」の象徴として名前を売った3人だ。オフは、ゴルフや「お座敷」の数も増えるに違いない。それを知っている金本監督は「このキャンプは来年のためにやっている。12月、1月をどう過ごすかだ」とクギを刺すことを忘れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る