ゴメス解雇も心配なし 金本阪神“超変革トリオ”が穴埋める

公開日: 更新日:

 3人束になればゴメスの代わりになるか。

 16日に秋季キャンプを打ち上げた阪神の金本監督は「(選手は)本当に頑張った。ハード過ぎるかなという思いがあったが、一から鍛えて、つくっていこうという方針があった。少々ケガ人が出てもいいかなと、それぐらい追い込んでいこうとね」と、満足そうに言った。

 若手主体のキャンプは、フリー打撃や特打などで1日1000スイングがノルマ。金本監督はキャンプ中、お気に入りの北條に直接打撃指導するなど、高山、原口らとともにさらなる成長を期待している。

 阪神は、今季22本塁打、79打点のゴメスを解雇した。金本監督は、北條、高山、原口の奮起を促すために、大砲ゴメスをクビにしたのではないか。

 3人の今季の本塁打と打点を合わせると24本塁打、144打点。来季、この数字を上積みすれば、ゴメスの抜けた穴は埋まる。

 とはいえ、「超変革」の象徴として名前を売った3人だ。オフは、ゴルフや「お座敷」の数も増えるに違いない。それを知っている金本監督は「このキャンプは来年のためにやっている。12月、1月をどう過ごすかだ」とクギを刺すことを忘れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る