ゴメス解雇も心配なし 金本阪神“超変革トリオ”が穴埋める

公開日: 更新日:

 3人束になればゴメスの代わりになるか。

 16日に秋季キャンプを打ち上げた阪神の金本監督は「(選手は)本当に頑張った。ハード過ぎるかなという思いがあったが、一から鍛えて、つくっていこうという方針があった。少々ケガ人が出てもいいかなと、それぐらい追い込んでいこうとね」と、満足そうに言った。

 若手主体のキャンプは、フリー打撃や特打などで1日1000スイングがノルマ。金本監督はキャンプ中、お気に入りの北條に直接打撃指導するなど、高山、原口らとともにさらなる成長を期待している。

 阪神は、今季22本塁打、79打点のゴメスを解雇した。金本監督は、北條、高山、原口の奮起を促すために、大砲ゴメスをクビにしたのではないか。

 3人の今季の本塁打と打点を合わせると24本塁打、144打点。来季、この数字を上積みすれば、ゴメスの抜けた穴は埋まる。

 とはいえ、「超変革」の象徴として名前を売った3人だ。オフは、ゴルフや「お座敷」の数も増えるに違いない。それを知っている金本監督は「このキャンプは来年のためにやっている。12月、1月をどう過ごすかだ」とクギを刺すことを忘れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  8. 8

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

もっと見る