今や助っ人枠 長嶋や掛布が築いた「三塁花形説」は昔話か

公開日: 更新日:

 阪神のヘイグは三塁手として期待されたものの、出場31試合で打率.231、2本塁打、11打点と散々だった。15日に、ゴメスやサターホワイトなどとともに今季限りでのクビが発表された。阪神はこのオフも三塁の助っ人を獲得する予定だ。

 同日、今季大リーグのアストロズなどでプレーしたマット・ダフィー内野手(27)とロッテの契約合意が近いことがわかった。ロッテも、今季3Aで14本塁打のこの助っ人を、レギュラーが固定できなかった三塁で起用するようだ。

 二塁や遊撃に比べて、一塁と三塁は、併殺プレーや複雑なサインプレーは少ない。そのため近年は助っ人が守るケースが多い。だが、長嶋茂雄(巨人終身名誉監督)に代表されるように、かつてはチームの看板選手がファンを沸かせるポジションだった。

 ある在京球団の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る