骨にヒビでも練習 阪神2位小野泰己は父の“熱血指導”が礎

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト2位指名・小野泰己(投手・22・富士大)父の勝己さん(50)は中学を卒業すると、故郷の下関を出て全寮制の宇部工業高等専門学校(宇部市)で5年間、工学を学んだ。卒業後は福岡の精密機器を扱う1部上場企業に就職。勤続30年、現在は製造部門のグループ長を務める。

 高校受験が一つの転機になった。小学時代は野球をしていたが、中学時代は勉強に集中した。公立の進学校に行きたかった。しかし、夢はかなわなかった。高専での生活は想像していたものと全く違った。1年生は全員、朝5時からスクワット500回などの訓練、夜は就寝時間までの1時間、正座させられた。休みがないと聞いて野球部の入部を断念、バスケ部に在籍するも「フリースローが入らないレベルだった」と勝己さんは笑う。3年生ごろから部活とアルバイトが生活の中心になった。

 勝己さんが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る