SB福田サヨナラ弾の陰に“ジャパ”高田の吹っ切れ適時打

公開日: 更新日:

 25日、ソフトバンクの高田知季(27)が「9番・一塁」で先発出場し、4打数3安打2打点の活躍。試合そのものは九回に福田のサヨナラ2ランで決着となったが、七、八回に連続適時打で望みをつないだ高田の働きがあってこそ、だろう。

 亜細亜大から12年ドラフト3位で入団。ファームでは頭一つ抜けていたが、一軍半止まり。

 ある球団関係者は「工藤監督は当初、今宮と遊撃を競わせようとしていた」と、こう続ける。

「高田の長所は思い切りのいいバッティング。それが一軍では『結果を出さないと二軍に落とされる』と萎縮し、小さくまとまってしまっていた。さらに今季は川崎の加入で、二遊間の層がますます厚くなった。13日に一軍昇格したのも、ケガ人だらけの穴埋め。内川やデスパイネが戻ってくれば、再び二軍送りの可能性もある。高田もそうしたチーム事情が分かっているからこそ、開き直ることができたのではないか。前日までの打撃を見た工藤監督も『あんなにいい打撃なら』と再評価。この日の一塁スタメンに抜擢されたのです」

 名字の高田は通販会社の「ジャパネットたかた」と同じ読み方であることから、愛称は「ジャパ」。辛抱を重ねて、「世界のタカタ」になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る