SB福田サヨナラ弾の陰に“ジャパ”高田の吹っ切れ適時打

公開日: 更新日:

 25日、ソフトバンクの高田知季(27)が「9番・一塁」で先発出場し、4打数3安打2打点の活躍。試合そのものは九回に福田のサヨナラ2ランで決着となったが、七、八回に連続適時打で望みをつないだ高田の働きがあってこそ、だろう。

 亜細亜大から12年ドラフト3位で入団。ファームでは頭一つ抜けていたが、一軍半止まり。

 ある球団関係者は「工藤監督は当初、今宮と遊撃を競わせようとしていた」と、こう続ける。

「高田の長所は思い切りのいいバッティング。それが一軍では『結果を出さないと二軍に落とされる』と萎縮し、小さくまとまってしまっていた。さらに今季は川崎の加入で、二遊間の層がますます厚くなった。13日に一軍昇格したのも、ケガ人だらけの穴埋め。内川やデスパイネが戻ってくれば、再び二軍送りの可能性もある。高田もそうしたチーム事情が分かっているからこそ、開き直ることができたのではないか。前日までの打撃を見た工藤監督も『あんなにいい打撃なら』と再評価。この日の一塁スタメンに抜擢されたのです」

 名字の高田は通販会社の「ジャパネットたかた」と同じ読み方であることから、愛称は「ジャパ」。辛抱を重ねて、「世界のタカタ」になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る