SB福田サヨナラ弾の陰に“ジャパ”高田の吹っ切れ適時打

公開日:

 25日、ソフトバンクの高田知季(27)が「9番・一塁」で先発出場し、4打数3安打2打点の活躍。試合そのものは九回に福田のサヨナラ2ランで決着となったが、七、八回に連続適時打で望みをつないだ高田の働きがあってこそ、だろう。

 亜細亜大から12年ドラフト3位で入団。ファームでは頭一つ抜けていたが、一軍半止まり。

 ある球団関係者は「工藤監督は当初、今宮と遊撃を競わせようとしていた」と、こう続ける。

「高田の長所は思い切りのいいバッティング。それが一軍では『結果を出さないと二軍に落とされる』と萎縮し、小さくまとまってしまっていた。さらに今季は川崎の加入で、二遊間の層がますます厚くなった。13日に一軍昇格したのも、ケガ人だらけの穴埋め。内川やデスパイネが戻ってくれば、再び二軍送りの可能性もある。高田もそうしたチーム事情が分かっているからこそ、開き直ることができたのではないか。前日までの打撃を見た工藤監督も『あんなにいい打撃なら』と再評価。この日の一塁スタメンに抜擢されたのです」

 名字の高田は通販会社の「ジャパネットたかた」と同じ読み方であることから、愛称は「ジャパ」。辛抱を重ねて、「世界のタカタ」になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る