いきなり大仕事 SB新外国人ジェンセンは大砲か扇風機か

公開日:

 ソフトバンクの新助っ人、ジェンセン(29)がドデカい仕事をやってのけた。

 1点ビハインドの五回、2死走者なしの場面で、推定飛距離140メートルの特大同点ソロを左翼スタンドにぶち込んだ。オフに年俸70万ドル(約7700万円)で入団。この日が来日初昇格だった。1打席目は三振に倒れており、来日初ヒットがホームランとなった。

 お立ち台では、「凄く興奮してます。興奮しすぎて、今は声援が聞こえません」と笑顔を見せた。もっとも、他球団のスコアラーは「当たれば飛ぶが……」とこう話す。

「1打席目は低めのボールで3球三振ですからね。現状では『パワー任せに振り回すだけ』の打者にしか見えない。もともと米国でも三振が多い選手。昨季は3Aで133試合に出場。30本塁打を打ったが、498打席で169三振です。低めを中心に攻めれば、さほど怖い打者とは思いません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る