いきなり大仕事 SB新外国人ジェンセンは大砲か扇風機か

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの新助っ人、ジェンセン(29)がドデカい仕事をやってのけた。

 1点ビハインドの五回、2死走者なしの場面で、推定飛距離140メートルの特大同点ソロを左翼スタンドにぶち込んだ。オフに年俸70万ドル(約7700万円)で入団。この日が来日初昇格だった。1打席目は三振に倒れており、来日初ヒットがホームランとなった。

 お立ち台では、「凄く興奮してます。興奮しすぎて、今は声援が聞こえません」と笑顔を見せた。もっとも、他球団のスコアラーは「当たれば飛ぶが……」とこう話す。

「1打席目は低めのボールで3球三振ですからね。現状では『パワー任せに振り回すだけ』の打者にしか見えない。もともと米国でも三振が多い選手。昨季は3Aで133試合に出場。30本塁打を打ったが、498打席で169三振です。低めを中心に攻めれば、さほど怖い打者とは思いません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る