気負い裏目で通算0勝11敗 西武菊池はソフトバンク恐怖症

公開日:

 また負けた。

 西武の菊池雄星(26)が、23日のソフトバンク戦に先発。プロ入り後、一度も勝っていない相手にどう立ち向かうか注目されたが、しかし、返り討ちに遭った。

 初回に先制点を奪われると、二回は今宮の2点適時打、柳田の3ランなどで5失点。さらに三回も8番の川島に適時打を打たれ、2回3分の1、7失点でKOされた。

 これで対ソフトバンク戦は通算0勝11敗。この試合までは7勝2敗、防御率1・43と抜群の安定感を誇っていたが、今季の3敗はいずれもソフトバンク戦でのものだ。

 評論家の三井浩二氏は「16日の中日戦(8回1失点、10奪三振)の中継を解説しましたが……」と、こう続ける。

「中日打線を上から見下ろして、自信を持って投げていた。あの投球なら、相手がどの球団でも勝てると思ったほどです。ところがソフトバンクには苦手意識が強いのでしょう。追い込んでから三振を奪うための配球パターンも、『ソフトバンク相手だと打たれるかもしれない』と危惧するあまり、必要以上に丁寧にコースを突こうとする。それが裏目に出てしまっている。迷いがある分、腕の振りも鈍くなり、スピードも出ない。私も現役時代、近鉄が苦手だった。打たれちゃいけないと思うあまり、ボール先行。インコースを突いても甘く入ってファウルなど、苦戦したものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る