気負い裏目で通算0勝11敗 西武菊池はソフトバンク恐怖症

公開日: 更新日:

 また負けた。

 西武の菊池雄星(26)が、23日のソフトバンク戦に先発。プロ入り後、一度も勝っていない相手にどう立ち向かうか注目されたが、しかし、返り討ちに遭った。

 初回に先制点を奪われると、二回は今宮の2点適時打、柳田の3ランなどで5失点。さらに三回も8番の川島に適時打を打たれ、2回3分の1、7失点でKOされた。

 これで対ソフトバンク戦は通算0勝11敗。この試合までは7勝2敗、防御率1・43と抜群の安定感を誇っていたが、今季の3敗はいずれもソフトバンク戦でのものだ。

 評論家の三井浩二氏は「16日の中日戦(8回1失点、10奪三振)の中継を解説しましたが……」と、こう続ける。

「中日打線を上から見下ろして、自信を持って投げていた。あの投球なら、相手がどの球団でも勝てると思ったほどです。ところがソフトバンクには苦手意識が強いのでしょう。追い込んでから三振を奪うための配球パターンも、『ソフトバンク相手だと打たれるかもしれない』と危惧するあまり、必要以上に丁寧にコースを突こうとする。それが裏目に出てしまっている。迷いがある分、腕の振りも鈍くなり、スピードも出ない。私も現役時代、近鉄が苦手だった。打たれちゃいけないと思うあまり、ボール先行。インコースを突いても甘く入ってファウルなど、苦戦したものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る