気負い裏目で通算0勝11敗 西武菊池はソフトバンク恐怖症

公開日: 更新日:

 また負けた。

 西武の菊池雄星(26)が、23日のソフトバンク戦に先発。プロ入り後、一度も勝っていない相手にどう立ち向かうか注目されたが、しかし、返り討ちに遭った。

 初回に先制点を奪われると、二回は今宮の2点適時打、柳田の3ランなどで5失点。さらに三回も8番の川島に適時打を打たれ、2回3分の1、7失点でKOされた。

 これで対ソフトバンク戦は通算0勝11敗。この試合までは7勝2敗、防御率1・43と抜群の安定感を誇っていたが、今季の3敗はいずれもソフトバンク戦でのものだ。

 評論家の三井浩二氏は「16日の中日戦(8回1失点、10奪三振)の中継を解説しましたが……」と、こう続ける。

「中日打線を上から見下ろして、自信を持って投げていた。あの投球なら、相手がどの球団でも勝てると思ったほどです。ところがソフトバンクには苦手意識が強いのでしょう。追い込んでから三振を奪うための配球パターンも、『ソフトバンク相手だと打たれるかもしれない』と危惧するあまり、必要以上に丁寧にコースを突こうとする。それが裏目に出てしまっている。迷いがある分、腕の振りも鈍くなり、スピードも出ない。私も現役時代、近鉄が苦手だった。打たれちゃいけないと思うあまり、ボール先行。インコースを突いても甘く入ってファウルなど、苦戦したものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る