交流戦ソフトバンク3連覇 セ・パ“実力差”なぜ埋まらない

公開日: 更新日:

「セ主催試合では投手が打席に立つので、本来交流戦はセ有利、パ不利のはずなんですが……」

 こう話すのは、評論家の山崎裕之氏だ。

 18日、ソフトバンクが広島を下し、交流戦3連覇を達成した。これにショックなのが、セ・リーグだろう。

 現在のソフトバンクは昨季2ケタ勝利をマークした先発3本柱に加え、内川、デスパイネの4番、5番コンビも負傷し、一軍にいない。飛車角どころか金銀落ちのソフトバンクを止められず、セの首位広島が最後の最後でトドメを刺された。そんな強敵も、パでは楽天の後塵を拝する2位。セ・パの実力差は開く一方だ。

■リーグ対抗戦成績は珍しく拮抗したが……

 05年に始まった交流戦は今年で13年目。うち、セが勝ち越したのは09年のたった一度しかない。今季は珍しく、最終戦の段階でセにも逆転の目はあった。この日の6試合を残して、セは49勝、パは52勝。つまり、セが5勝1敗以上なら09年以来となる勝ち越しだったが、広島、阪神、ヤクルトが敗れたことでそれもついえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る