二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

公開日: 更新日:

 二軍調整中の巨人アレックス・ゲレーロ(31)が19日、中日戦の試合前練習に参加した。左翼の守備位置でノックを受け、フリー打撃を行った。

 昨季は中日で本塁打王に輝き、今季から巨人に加入した“主砲”は、60試合出場で打率.253、10本塁打、29打点とパッとしないまま、コンディション不良のため、6月15日に二軍落ち。ケガは回復したものの、外国人ではヤングマンや支配下登録されたメルセデス、アダメスらが台頭するなど外国人枠の関係もあり、そのまま二軍で“塩漬け”となっている。

 7月14日の練習日には、二軍落ちから1カ月間、一軍首脳陣とのコミュニケーションがなかったことを理由に、設けられた高橋由伸監督(43)との面談を拒否。さらに1カ月以上が経過した今になって、ようやくお呼びがかかった。

「だいぶ(間隔が)空いたね。調子良く振れている。二軍では今の状況を受け入れてやってきた。言われたところでやるだけ。由伸監督と話? 今日は『練習参加してもらって』ということ」(ゲレーロ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る