03年の今岡以来ゼロ…虎から“生え抜き”打撃三冠なぜ出ない

公開日: 更新日:

 阪神は19日のヤクルト戦で黒星を喫し、5カード連続の勝ち越しを逃した。セは、広島がDeNAに勝ってマジック28。3連覇が濃厚だ。ヤクルト、巨人、阪神の3チームが2位から4位を僅差で争っている。

 順位争いとは別に、残り試合が40を切ると、選手たちはそろそろタイトルを意識し始めるものだが、2005年から優勝とは無縁の阪神には今季も、打率、本塁打、打点のいわゆる「打撃三冠」のタイトルを狙える者はいない。

 かつては、掛布雅之が1979年に本塁打王となり、82年には本塁打と打点の2冠を獲得。84年にも3度目の最多本塁打を記録。藤田平も81年に首位打者に輝き、阪神にもリーグを代表するような生え抜きの高卒野手が存在した。

 ちなみに、日本一になった85年からバースが2年連続三冠王になったが、助っ人や外様を除けば、84年の掛布以降、03年首位打者の今岡誠(真訪=現ロッテ二軍監督)まで、阪神から「打撃三冠」のタイトルホルダーは出なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る