• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

03年の今岡以来ゼロ…虎から“生え抜き”打撃三冠なぜ出ない

 阪神は19日のヤクルト戦で黒星を喫し、5カード連続の勝ち越しを逃した。セは、広島がDeNAに勝ってマジック28。3連覇が濃厚だ。ヤクルト、巨人、阪神の3チームが2位から4位を僅差で争っている。

 順位争いとは別に、残り試合が40を切ると、選手たちはそろそろタイトルを意識し始めるものだが、2005年から優勝とは無縁の阪神には今季も、打率、本塁打、打点のいわゆる「打撃三冠」のタイトルを狙える者はいない。

 かつては、掛布雅之が1979年に本塁打王となり、82年には本塁打と打点の2冠を獲得。84年にも3度目の最多本塁打を記録。藤田平も81年に首位打者に輝き、阪神にもリーグを代表するような生え抜きの高卒野手が存在した。

 ちなみに、日本一になった85年からバースが2年連続三冠王になったが、助っ人や外様を除けば、84年の掛布以降、03年首位打者の今岡誠(真訪=現ロッテ二軍監督)まで、阪神から「打撃三冠」のタイトルホルダーは出なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る