03年の今岡以来ゼロ…虎から“生え抜き”打撃三冠なぜ出ない

公開日: 更新日:

 阪神は19日のヤクルト戦で黒星を喫し、5カード連続の勝ち越しを逃した。セは、広島がDeNAに勝ってマジック28。3連覇が濃厚だ。ヤクルト、巨人、阪神の3チームが2位から4位を僅差で争っている。

 順位争いとは別に、残り試合が40を切ると、選手たちはそろそろタイトルを意識し始めるものだが、2005年から優勝とは無縁の阪神には今季も、打率、本塁打、打点のいわゆる「打撃三冠」のタイトルを狙える者はいない。

 かつては、掛布雅之が1979年に本塁打王となり、82年には本塁打と打点の2冠を獲得。84年にも3度目の最多本塁打を記録。藤田平も81年に首位打者に輝き、阪神にもリーグを代表するような生え抜きの高卒野手が存在した。

 ちなみに、日本一になった85年からバースが2年連続三冠王になったが、助っ人や外様を除けば、84年の掛布以降、03年首位打者の今岡誠(真訪=現ロッテ二軍監督)まで、阪神から「打撃三冠」のタイトルホルダーは出なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

  10. 10

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る