昨季の故障禍から…2位善戦ヤクルト“野戦病院”返上の真相

公開日:

 前年最下位だったヤクルトが17日現在、リーグ2位と気を吐いている。

 昨季、低迷した一因はケガ人の多さだった。

 小川と星は右肘の疲労骨折。オフには揃ってメスを入れた。川端は椎間板ヘルニアで8月末に手術、畠山は開幕直後に左足肉離れ、雄平は6月末に右手首骨折。1カ月未満の抹消者にいたってはブキャナン、バレンティン、中村悠平ら多数。故障者だらけで「野戦病院」と揶揄された。

 今季から故障者の詳細を明かさない方針になったとはいえ、ケガ人はかなり減った。

 昨オフ、小川監督が就任すると、秋季キャンプから全体練習は8時間以上に及び、若手は体重を増やす目的で食事管理を徹底された。春季キャンプも初日から10時間以上の猛練習。去年以上の故障者続出が懸念されたが、実際は違った。宮本ヘッドコーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る