昨季の故障禍から…2位善戦ヤクルト“野戦病院”返上の真相

公開日: 更新日:

 前年最下位だったヤクルトが17日現在、リーグ2位と気を吐いている。

 昨季、低迷した一因はケガ人の多さだった。

 小川と星は右肘の疲労骨折。オフには揃ってメスを入れた。川端は椎間板ヘルニアで8月末に手術、畠山は開幕直後に左足肉離れ、雄平は6月末に右手首骨折。1カ月未満の抹消者にいたってはブキャナン、バレンティン、中村悠平ら多数。故障者だらけで「野戦病院」と揶揄された。

 今季から故障者の詳細を明かさない方針になったとはいえ、ケガ人はかなり減った。

 昨オフ、小川監督が就任すると、秋季キャンプから全体練習は8時間以上に及び、若手は体重を増やす目的で食事管理を徹底された。春季キャンプも初日から10時間以上の猛練習。去年以上の故障者続出が懸念されたが、実際は違った。宮本ヘッドコーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る