• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨季の故障禍から…2位善戦ヤクルト“野戦病院”返上の真相

 前年最下位だったヤクルトが17日現在、リーグ2位と気を吐いている。

 昨季、低迷した一因はケガ人の多さだった。

 小川と星は右肘の疲労骨折。オフには揃ってメスを入れた。川端は椎間板ヘルニアで8月末に手術、畠山は開幕直後に左足肉離れ、雄平は6月末に右手首骨折。1カ月未満の抹消者にいたってはブキャナン、バレンティン、中村悠平ら多数。故障者だらけで「野戦病院」と揶揄された。

 今季から故障者の詳細を明かさない方針になったとはいえ、ケガ人はかなり減った。

 昨オフ、小川監督が就任すると、秋季キャンプから全体練習は8時間以上に及び、若手は体重を増やす目的で食事管理を徹底された。春季キャンプも初日から10時間以上の猛練習。去年以上の故障者続出が懸念されたが、実際は違った。宮本ヘッドコーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る