松山Vがプロ野球にも波紋 大物に「巨人より米国」加速必至

公開日: 更新日:

 アジア人初のマスターズ制覇を成し遂げた松山英樹の偉業は、日本プロ野球界にも波紋を広げそうだ。

 優勝後のインタビューで、米ツアーに挑戦する若い選手は増えるかと聞かれた松山は、「野球ではダルビッシュさん(パドレス)や前田健太さん(ツインズ)、大谷君(エンゼルス)とかがいるけど、ゴルフは今は僕しかいない。自分がもっと活躍したら、僕を目指してやってくれる子が増えるんじゃないか」と答えたことに、メジャーリーガーたちが呼応。この日、移籍後初勝利を挙げたダルビッシュが「おかげさまで今日の試合、気持ち入りました」とSNSでメッセージを送れば、前田も「名前を出して頂きとても嬉しい」(原文まま)と自身のツイッターにつづった。松山と面識のある巨人の菅野も「日本人の誇り。大変なプレッシャーだったと思いますが、それを乗り越える技術、精神力、全てのアスリートが勇気をもらったと思います」とコメント。今オフに再びメジャー挑戦の可能性があるだけに、大いに刺激を受けた様子である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る