世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

公開日: 更新日:

「マスターズの素晴らしい瞬間を見た」――。欧米メディアから称賛の声が続出している。「ゴルフの祭典」と言われる米男子ゴルフ「マスターズ」を制した松山英樹(29)=LEXUS=のキャディーを務めた早藤将太さん(27)のことだ。

 早藤さんは松山が18番ホールで勝利のパットを決めた後、ゆっくりとした足取りでカップに向かい、手に持った黄色のピンを戻すと、そのまま帽子をぬいでコースに向かって軽く頭を下げた。

 日本国内の中学や高校のゴルフ大会でも見られる光景だが、この姿が伝統と格式を重んじるマスターズファンの心をとらえたらしい。米スポーツ専門局「ESPN」は早藤さんの一連の行動を映した動画をツイッターに投稿。およそ1時間半で25万回も再生された。

 松山と並んで一躍時の人となった早藤さんだが、単なるキャディーではない。ゴルフの経歴、腕前もピカ一なのだ。

「早藤さんは松山プロと同じ東北福祉大、明徳義塾中高のゴルフ部出身です。明徳義塾中の2008年には高知県のジュニア選手権で優勝。高校時代は約40人の部員をまとめるキャプテンを務め、10年の四国ジュニア選手権の新人戦で優勝しています。大学時代も多くの大会で上位入賞していたはず。今は松山プロの専属キャディーですが、大学1年の時から、大きな大会になると松山プロのバッグを担ぐ姿が目撃されています」(スポーツ紙記者)

「目配り、気配りのプロ」と言われるゴルフキャディー。今後も松山の快進撃を支える名キャディーになりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで