大阪桐蔭“1強”が向こう10年続く「2つの凄み」 神宮大会・春・夏の3連覇へ圧巻の強さ

公開日: 更新日:

「突出した選手はいない」

 14日の夏の甲子園、聖望学園(埼玉)を19対0で圧倒し、ベスト16進出を決めた大阪桐蔭の西谷浩一監督(52)は、今夏のメンバーについてこう言っている。

【写真】この記事の関連写真を見る(25枚)

「個々の能力や技術は、春夏連覇した(藤浪、森らを擁した)2012年、(根尾、藤原らを擁した)18年世代に劣るが、ピークを合わせる目に見えない力を持っている」

 そうは言っても、全国の強豪校の監督が羨む超豪華メンバーが集まっていることは間違いない。

 この日、2打席連続本塁打を放った捕手の松尾汐恩をはじめ、今秋ドラフト候補は3人いる。

「その一人である『5番・中堅』の海老根優大は千葉の京葉ボーイズ出身。小学6年時に100メートル走で全国4位に入った足、肩も一級品で、関東の超強豪校を含めた20~30校の中から、大阪桐蔭を選択しました」(関西の球界関係者)

 この日、先発して5回1安打9奪三振と好投した2年生の前田悠伍(滋賀・湖北ボーイズ)は来年のドラフト1位候補だ。

「大阪、兵庫など関西はもちろん、北海道のスーパー中学生や、かつての根尾や今年の三遊間(伊藤櫂人、鈴木塁)のように、岐阜からも多くの逸材を獲得するため、愛知など中部地方の学校がアタマを抱えている。数年前には、高知の明徳義塾中から関戸康介(現日体大)を獲得した際、付属校の明徳義塾高の馬淵監督とひと悶着あったとも聞いた。最近は海老根や2年生の小川大地(神奈川・中本牧リトルシニア)のように、関東の中学生にも触手を伸ばしている。中本牧リトルシニアは本来、横浜高校とのパイプが太いだけに、関東の強豪校はウチもウカウカしていられないと戦々恐々です」(前出の関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも