「豊乳肥臀(上・下)」莫言著、吉田富夫訳

公開日:  更新日:

■中国人ノーベル文学賞作家の問題作

 1939年、日本軍が侵攻してきた日、山東省高密県東北郷の鍛冶屋の嫁・上官魯氏が男女の双子を出産する。

 金童と名付けられた男の子は、7人も女が続いた上官家の待望の跡取りだったが、実は双子はオランダ人宣教師との間にできた不義の子だった。7人の姉は、抗日ゲリラや共産党ゲリラ、アメリカ軍人などの妻となり家を出ていき、魯氏は彼女たちが産んだ子供を貧困にあえぎながら育てていく。一方、金童は8歳まで母乳しか受け付けず、乳房に異常なる執着を抱くようになる。金童とその家族の流転の人生を描いた本書は、中国で出版されるや禁書となった問題作でノーベル文学賞作家の神髄が詰まった巨編だ。
(平凡社 各1700円)



  • 印刷

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る