森永卓郎「書かれている企業は本当にブラックか」

公開日: 更新日:

■「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」小林拓矢著

 この数年間で、ブラック企業という言葉が、すっかり社会に定着した。ところが、何となくイメージはあるものの、ブラック企業でどんなことが行われているのかを知ることは、むずかしかった。

 本書は、早稲田大学を卒業した著者が、就職した「ブラック企業」3社での採用から、就業、退職に至るまでの経験を詳細に告白した一種の暴露本だ。

 最初に指摘しておきたいのは、著者には文才があるということだ。だから、あれこれひっかからずに、すっと読めてしまう。ただ、ここに描かれている企業が本当にブラック企業なのかなというのが、正直な私の感想だった。

 確かに2社目のFXの会社は、正真正銘のブラック企業だ。しかし、残りの2社は、それほどひどいとは、思わなかった。私自身、これまでもっとひどい職場環境でずっと働いてきたからだ。毎日、終電がなくなっても働き続ける暮らしを何年もしてきたし、あまりのストレスで十二指腸潰瘍を患ったことも、複数回ある。ただ、それで会社を恨んだことはなかった。仕事そのものを楽しんでいたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る