• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森永卓郎「書かれている企業は本当にブラックか」

■「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」小林拓矢著

 この数年間で、ブラック企業という言葉が、すっかり社会に定着した。ところが、何となくイメージはあるものの、ブラック企業でどんなことが行われているのかを知ることは、むずかしかった。

 本書は、早稲田大学を卒業した著者が、就職した「ブラック企業」3社での採用から、就業、退職に至るまでの経験を詳細に告白した一種の暴露本だ。

 最初に指摘しておきたいのは、著者には文才があるということだ。だから、あれこれひっかからずに、すっと読めてしまう。ただ、ここに描かれている企業が本当にブラック企業なのかなというのが、正直な私の感想だった。

 確かに2社目のFXの会社は、正真正銘のブラック企業だ。しかし、残りの2社は、それほどひどいとは、思わなかった。私自身、これまでもっとひどい職場環境でずっと働いてきたからだ。毎日、終電がなくなっても働き続ける暮らしを何年もしてきたし、あまりのストレスで十二指腸潰瘍を患ったことも、複数回ある。ただ、それで会社を恨んだことはなかった。仕事そのものを楽しんでいたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る