森永卓郎「書かれている企業は本当にブラックか」

公開日:  更新日:

■「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」小林拓矢著

 この数年間で、ブラック企業という言葉が、すっかり社会に定着した。ところが、何となくイメージはあるものの、ブラック企業でどんなことが行われているのかを知ることは、むずかしかった。

 本書は、早稲田大学を卒業した著者が、就職した「ブラック企業」3社での採用から、就業、退職に至るまでの経験を詳細に告白した一種の暴露本だ。

 最初に指摘しておきたいのは、著者には文才があるということだ。だから、あれこれひっかからずに、すっと読めてしまう。ただ、ここに描かれている企業が本当にブラック企業なのかなというのが、正直な私の感想だった。

 確かに2社目のFXの会社は、正真正銘のブラック企業だ。しかし、残りの2社は、それほどひどいとは、思わなかった。私自身、これまでもっとひどい職場環境でずっと働いてきたからだ。毎日、終電がなくなっても働き続ける暮らしを何年もしてきたし、あまりのストレスで十二指腸潰瘍を患ったことも、複数回ある。ただ、それで会社を恨んだことはなかった。仕事そのものを楽しんでいたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る