「星宿る虫」嶺里俊介著

公開日:  更新日:

 長野の山中にある宗教法人「楽園の扉」から脱走してきた少女が、そこでは大規模な管理売春が行われていると証言した。警察官が事情聴取に赴いたとき、突然、火災が起こり、信者23人が死亡した。

 焼死体はなぜか血液が黄色くなり、体内から人肉を貪る白い虫が発見された。

 調査を依頼された法医昆虫学者の御堂玲子にもその虫の正体は分からない。その後、静岡の山中で白骨化した老婆の死体が見つかった。強い光を放つ無数の虫がたかって、その死体を貪っていた。老婆にしか見えないその死体は、まだ高校生のはずの玲子の姪の変わりはてた姿だった。

 第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。(光文社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る