「星宿る虫」嶺里俊介著

公開日: 更新日:

 長野の山中にある宗教法人「楽園の扉」から脱走してきた少女が、そこでは大規模な管理売春が行われていると証言した。警察官が事情聴取に赴いたとき、突然、火災が起こり、信者23人が死亡した。

 焼死体はなぜか血液が黄色くなり、体内から人肉を貪る白い虫が発見された。

 調査を依頼された法医昆虫学者の御堂玲子にもその虫の正体は分からない。その後、静岡の山中で白骨化した老婆の死体が見つかった。強い光を放つ無数の虫がたかって、その死体を貪っていた。老婆にしか見えないその死体は、まだ高校生のはずの玲子の姪の変わりはてた姿だった。

 第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。(光文社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード