「星宿る虫」嶺里俊介著

公開日: 更新日:

 長野の山中にある宗教法人「楽園の扉」から脱走してきた少女が、そこでは大規模な管理売春が行われていると証言した。警察官が事情聴取に赴いたとき、突然、火災が起こり、信者23人が死亡した。

 焼死体はなぜか血液が黄色くなり、体内から人肉を貪る白い虫が発見された。

 調査を依頼された法医昆虫学者の御堂玲子にもその虫の正体は分からない。その後、静岡の山中で白骨化した老婆の死体が見つかった。強い光を放つ無数の虫がたかって、その死体を貪っていた。老婆にしか見えないその死体は、まだ高校生のはずの玲子の姪の変わりはてた姿だった。

 第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。(光文社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る