「花と銃弾」向谷匡史著

公開日:

 昭和20年代後半から30年代にかけて、渋谷を拠点に活動した伝説のアウトロー集団「安藤組」。その幹部として組長・安藤昇に仕え、31歳の若さで凶弾に倒れた西原健吾の生涯を描くノンフィクションノベル。

 昭和28年4月、大学進学のため小倉から上京した西原は、安藤組の大幹部・花形と運命的な出会いを果たす。花形が誰かも知らなかった西原だが、空手部に入り、練習に励む一方で、安藤組に出入りする先輩と渋谷で遊ぶうちに、やくざの世界に興味を抱くようになる。1年後、安藤に自ら会いに行った西原は、気に入られ舎弟になることを許される。すぐに大学を辞めるつもりだった西原だが、安藤から卒業するよう指示される。(青志社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る