「花と銃弾」向谷匡史著

公開日: 更新日:

 昭和20年代後半から30年代にかけて、渋谷を拠点に活動した伝説のアウトロー集団「安藤組」。その幹部として組長・安藤昇に仕え、31歳の若さで凶弾に倒れた西原健吾の生涯を描くノンフィクションノベル。

 昭和28年4月、大学進学のため小倉から上京した西原は、安藤組の大幹部・花形と運命的な出会いを果たす。花形が誰かも知らなかった西原だが、空手部に入り、練習に励む一方で、安藤組に出入りする先輩と渋谷で遊ぶうちに、やくざの世界に興味を抱くようになる。1年後、安藤に自ら会いに行った西原は、気に入られ舎弟になることを許される。すぐに大学を辞めるつもりだった西原だが、安藤から卒業するよう指示される。(青志社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る