「米中もし戦わば」ピーター・ナヴァロ著、赤根洋子訳

公開日: 更新日:

 統計によれば、歴史を振り返ると米国のような既成の大国と中国のような新興勢力が対峙した際には、戦争に至る可能性が70%以上あるという。今後、米国と中国が戦争状態になる可能性はあるのか。

 中国の軍事力増強の実態、戦争の引き金となる周辺諸国との攻防や考えられるシナリオ、東アジアのパワーバランスの行方などを分析しながら、多角的に検討しているのが本書だ。

 中国の軍事力分析では、第2次世界大戦時には存在しなかった人工衛星による宇宙戦争の可能性や、すでに水面下で始まっているサイバー戦争にも言及。中国側の戦略を多方面から分析している。著者がトランプ政権の政策顧問を務めていることもあり、米国の対中政策を知る意味でも参考になる。

 特に中国と周辺諸国のさまざまな問題を分析した第3部や、同盟国である日本やフィリピンとの連携について考察した第4部は必読。地理的にも政治的にも危うい位置にいる日本の在り方について考えさせられる。(文藝春秋 1940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る