「カロリー制限の大罪」山田悟著

公開日:

「寿命や糖尿病などの病気の予防効果が得られる」と考えられてきた「カロリー制限」が、有害作用を生じうる危険な食事療法だった――。

 驚くべき告発をしたのは北里研究所病院糖尿病センター長である著者。わずか2年で高度の骨密度の低下や貧血、筋肉量の低下を報告した研究もあるという。そもそも標準体重×25キロカロリーでカロリー摂取量を決めている日本のカロリー制限は、短期的には痩せられるので有効だが、長期の継続性や安全性のデータがないという。ところが、日本では「カロリー制限」が大手を振って、いまだに多くの人に無意味な努力を強いていると著者は主張する。世界的には過去のものになりつつあるというカロリー制限。それが日本ではなぜ後生大事に守られているのか。その問題点を知るためにも読んでおきたい一冊だ。(幻冬舎新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る