「カロリー制限の大罪」山田悟著

公開日: 更新日:

「寿命や糖尿病などの病気の予防効果が得られる」と考えられてきた「カロリー制限」が、有害作用を生じうる危険な食事療法だった――。

 驚くべき告発をしたのは北里研究所病院糖尿病センター長である著者。わずか2年で高度の骨密度の低下や貧血、筋肉量の低下を報告した研究もあるという。そもそも標準体重×25キロカロリーでカロリー摂取量を決めている日本のカロリー制限は、短期的には痩せられるので有効だが、長期の継続性や安全性のデータがないという。ところが、日本では「カロリー制限」が大手を振って、いまだに多くの人に無意味な努力を強いていると著者は主張する。世界的には過去のものになりつつあるというカロリー制限。それが日本ではなぜ後生大事に守られているのか。その問題点を知るためにも読んでおきたい一冊だ。(幻冬舎新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  7. 7

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る

人気キーワード