「カロリー制限の大罪」山田悟著

公開日: 更新日:

「寿命や糖尿病などの病気の予防効果が得られる」と考えられてきた「カロリー制限」が、有害作用を生じうる危険な食事療法だった――。

 驚くべき告発をしたのは北里研究所病院糖尿病センター長である著者。わずか2年で高度の骨密度の低下や貧血、筋肉量の低下を報告した研究もあるという。そもそも標準体重×25キロカロリーでカロリー摂取量を決めている日本のカロリー制限は、短期的には痩せられるので有効だが、長期の継続性や安全性のデータがないという。ところが、日本では「カロリー制限」が大手を振って、いまだに多くの人に無意味な努力を強いていると著者は主張する。世界的には過去のものになりつつあるというカロリー制限。それが日本ではなぜ後生大事に守られているのか。その問題点を知るためにも読んでおきたい一冊だ。(幻冬舎新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る