「文部省の研究」辻田真佐憲著

公開日:  更新日:

 明治維新以降、日本の教育の中心的課題は「理想の日本人像」の探求だった。時代とともにそれは「独立独歩で生きていく個人」から、「天皇に奉仕する臣民」、そして「平和と民主主義の担い手」を経て「熱心に働く企業戦士」へと変遷していった。一方で、日本は世界に通用する普遍的な人材の育成と、共同体の歴史と責任を担う国民の育成というふたつの相反する志向をいかに調和させるかということに腐心してきた。

 本書は、その日本の教育をつかさどってきた文部省(2001年以降は文部科学省)と「理想の日本人像」を通じて、近現代日本の教育史を明らかにする論考。さまざまな組織の介入を受け、現在も官邸主導に振り回される同省の歴史から日本の教育史の根幹を読み解く。(文藝春秋 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る