「日本人なら知っておきたい四季の植物」湯浅浩史著

公開日: 更新日:

 正月の門松に始まり、節分のヒイラギ、ひな祭りのモモの花、七夕のタケなど、日本人は古くから植物に関心を寄せ、行事や習俗に結び付けて、暮らしに生かしてきた。万葉集の歌の3分の1以上が植物関連の歌だという。室内に四季の彩りを持ち込む生け花という新しい鑑賞法が始まったのは室町時代、そして江戸時代には庶民がアサガオやキクなどの鉢植えの園芸を楽しんだ。これは欧米の人々よりもはるかに早いという。

 本書は、日本の四季を彩る植物を紹介しながら、そんな日本人の感受性と文化との関係を解き明かしていくカラーガイドブック。ウメからツバキまで古くから日本人に親しまれてきた43種の植物を取り上げる。(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る